学校長挨拶

学 校 長 挨 拶

 第15代校長 鈴木 秀利 

 

 

「さわやか利府高」 ワンチーム「心はひとつ」

 

 宮城県利府高等学校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

 本校は、昭和59年4月9日この鴻志が丘の地に普通科の高等学校として開校され、今年度で開校39年目を迎えました。平成10年には、単位制高校に移行すると同時にスポーツ科学科を設置して、今日の基礎が築かれました。この間、多くの卒業生を輩出し、全国各地で活躍しております。

 校訓は、「建学の精神」を柱とし、「心身の健康」「徳性の涵養」「知性の啓発」の三つを掲げ「高い志、鴻志の精神をもち、質の高い文武両道の実践をとおして、未来に向かって力強く前進する知・徳・体の調和のとれた、人間の育成を目指す」教育方針の下、生徒たちはそれぞれの目標達成を目指して、日々の学習・部活動・学校行事に本気で取り組んでおります。

 この春に巣立った卒業生の進路状況を紹介しますと、短大を含めた大学の進学者数は、163名と全体の6割を超えており、就職・専門学校・県警や消防などの公務員などへ自らの夢と将来を託しておおきく羽ばたいております。

 部活動においても素晴らしい成果を上げています。運動部では、春・夏甲子園大会に出場した硬式野球部をはじめ、陸上競技部、サッカー部、ソフトボール部、ハンドボール部、バレーボール部、バスケットボール部、フェンシング部、ソフトテニス部、卓球部、硬式テニス部、水泳部、弓道部、新体操部、剣道部、ラグビー部が、インターハイや各種全国大会、東北大会などに出場し好成績を収めるといっためざましい活躍をしております。

 文化部は、全日本吹奏楽コンクール出場実績のある吹奏楽部をはじめ、全国高等学校総合文化祭に出場している書道部や、全国大会や展覧会で活躍しているギター部、美術部、県内外の各種大会で入賞している演劇部や写真部、華道部、茶道部、自然科学部、文芸部、JRC部、家庭部、放送部、囲碁将棋部等その活躍には周囲から高い評価を得ております。

 また、利府町の「町はひとつの学校」の理念の下、町内小・中学校・利府支援学校と共に「十符っ子(とふっこ)ブラザーシップ」に参加し、最年長集団として地域の子供たちの模範となるべく「あいさつ運動」や「相互訪問会」「スポーツ交流会」など多彩な活動を展開しております。その姿は「さわやか利府高」として地域の方々や多くの関係者から愛され高く評価されております。

 本校は、このような幅広い教育活動を展開することにより、生徒たちの無限の可能性を引き出し、将来様々な場面で力を発揮し、世の中に貢献できる人材の育成を目指し、地域、家庭、学校関係者等とワンチーム「心はひとつ」の精神で一丸となり邁進して参りますので、今後とも皆様方の御理解と御支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

令和4年4月